お部屋で安心布団干し兼用室内物干しユニット SH-18/SH-25Clotheshorse

『部屋干しの大革命』 いつでも窓辺で、スマートな「部屋干し」を実現しました!

  • 物干し

    日当たりの良い窓際は「部屋干し」に最適です。

    布団干し

    高さを変えれば布団もラクに掛けられます。

    いつもの部屋干しで苦労していませんか?この一台でお悩みを解消致します。

    • 梅雨や雪の季節

      洗濯物の生乾き・・・

    • 洗濯物の生乾き

      外に干せないベランダに

    • 留守がちな日中

      急な雨、ゲリラ豪雨、下着泥棒…

    • 人目が気になる!

      外に干すのは恥ずかしい

    • 花粉の季節

      スギ、ヒノキ、イネ、ブタクサなど
      花粉は手に負えない

    • 大気汚染が心配

      PM2.5、黄砂、排ガス
      外に干すのは心配

  • 3つの特徴

  • 収納時

    収納時には窓枠にすっきり収まります。

    • 収納すれば見た目もすっきり

    • カーテンを閉めれば
      付いているのを感じさせません

    • 場所をとらず、窓枠にすっきり収納

  • 商品の特徴

    片手で簡単にさっと竿を取り出せます。

    • 特殊構造でカーテンを避けて
      竿を出せます

    • 物干しとして、
      薄手のシーツ等も干せます

  • 商品の特徴

    物干しから更に1段降ろすと重たい布団も干せます。

    • さらに竿を手前に降ろすと

    • 布団などの重いものも干せます

    • 竿が回転するので
      布団の掛けはずしも簡単です

施工条件

取付位置関係図

取付位置関係図

●適応するサッシの高さは1,900~2,100mm、うちのり幅はSH-18:1,450~2,100mm/SH-25:2,000~2,560mmです。
●アーム取付場所はサッシ額縁の見込み部分(35mm以上)で、十分強度がある箇所
 見込み部分の推奨は500mm以上で、台座がアングルに被らないように取り付けてください。
 また、クロス巻込みで額縁のない場合は、クロスの下に9mm以上の木の下地が必要となります。
●なお、台座がアングルに被る場合は、以下の(注1)~(注3)項の確認が必要となります。
(注1)サッシの中央部の縦枠が大きく、アングル(サッシ枠)より前に出ているものは、竿に接触する恐れがあります。
(注2)台座をアングルに被せて取り付けた場合、右側のサッシを左に寄せた時に、左側アームの下側が、サッシと接触
    する場合があります。その場合、アングル(サッシ枠)かr台座を15mm以上離して施工してください。
(注3)額縁の手前に取り付ける場合には、取付ねじがちり部分から、とび出ないよう注意してください。
●ロールスクリーンやブラインド等のある窓枠へ取り付ける場合は、取付位置によっては接触する場合があります。
 施工の際は竿の動き等を確認の上、取付位置を決めて下さい。

部品説明

梱包内容

アーム部…1組
竿部…1組
タッピンねじ…6本
位置決め用型紙…1組

【品質表示】
使用素材
アーム:アルミニウム合金、ABS樹脂
:アルミニウム合金、ポリアセアタール
竿:ポリプロピレン被膜鋼管
洗濯物の干せる量(上段の位置):12kg
布団の干せる(下段の位置):18kg

PDF資料

ご自宅で快適な部屋干し生活を始めませんか?

ご購入はこちら

お部屋で安心 動画はこちら

ミセスマートTV・NEOの紹介動画はコチラ