アロスラブの特徴

球体ボイドスラブ工法とは

球体ボイドを配力筋上に独立して均等に配置・固定することにより格子状の梁を鉄筋コンクリート床板の中に形成します。

このことにより中実スラブとほぼ同等の剛性を保ちながら、同時に
・応力を二方向に伝える二方向スラブ
・軽量化
・振動しにくい構造の鉄筋コンクリート床板
を提供することが出来るようになり、次の特徴にあげる様々な効能を生み出すことが可能になりました。

特徴

1.小梁不要・大スパン可能

① 自重が軽い為、小梁が不要

・自重は球体のボイドを使うことでコンクリートの量を20-30%軽減できる。
・床の自重が軽いから自重によるたわみが軽減されるため、小梁不要。

2.優れた遮音性能

① 球形のボイド材を使用することにより、コンクリートの平板部の薄い部分が殆ど無いため振動が伝播し難い。
平板部の薄い部分の範囲が大きく、振動が伝播し易い通常のRCや他のボイドに比べて遮音性能が高いので、LH50、LL45が薄い板厚でも容易に出る。

重量床衝撃音LH50(Li.r.H-50)、軽量床衝撃音LL45(Li.r.L-45)
・重量衝撃音とは子供がソファの上から飛び降りたドスンという音。
・軽量衝撃音とは食器やおもちゃを落した時や、椅子を引きずった時に階下で発生する音。
・LH50、LL45はJISの規格で通常の使用で苦情がほとんど出ないレベル。

3.断熱性能

① 球形のボイドが断熱性効果発揮

・ペアガラス1枚程度の断熱効果があり、数値で言うと200mm RC床熱貫流率3.3W/(㎡k)に対して、同質量の250mmボイド床2.7W/(㎡k)


② 屋根・駐車場との境床に最適

・外気との温度差 200mmRC床 外気温35℃、室内温度32.34℃
・外気との温度差 225mmボイド床 外気温35℃、室内温度31℃

4.設計の自由性

・段差部の設計は中実スラブと同等
・整形・不整形の形状を問わない
・超大型スラブもフラットスラブも可能
・FEM(有限要素法)を使用するため、変更が容易
・小梁がないので将来の間取り変更も容易

5.コストパフォーマンス

・スラブコストを数%軽減可能
・専門工不要

6.工期短縮

・躯体工事で他社ボイドと比較して1フロア1.5日短縮
・在来工法と比較しても半日短縮
・小梁が無いため内装工事も短縮

7.施工性

・ボイド後入れのため、業界最速
・球形ボイドの中でもアロスラブはボイド固定金物が優れているためボイドの脱落・回転が無い。

PageTop